イオン導入を大阪市・梅田駅近くで受けるなら、イオン導入エステサロンPulito

ハーブのチカラで肌は生まれ変わる。

ごあいさつ

わたしがイオン導入に出会ったのは、23歳の頃でした。
体験して、「なにこれーーー?」と感動したのを今でも覚えています。

皆様も、お肌のお悩みを抱えては、
あの化粧品がいいかな、この化粧品がいいかな…
と悩まれたことが一度はあるのではないでしょうか?

日頃一生懸命塗っている化粧品は、実は肌の奥には届いていないという事をご存知でしょうか。
お肌をしっかりケアするなら、お肌の奥のケアが効果的です。

お肌の奥のケアをかなえてくれるのが、「イオン導入」です。

毛穴が目立たなくなりました!
みずみずしいお肌になりました!
コンシーラーを使わなくてもよくなりました!
などなど

お肌の奥をケアすることでお肌はどんどん答えてくれますよ。

ぜひ、お試しくださいね。

イオン導入とは

「イオン導入」という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。お肌のケアの方法とは、ご理解いただいていると思いますが、そもそもの意味をまとめておきますね。

イオン導入とは、ビタミンCやプラセンタのような皮膚からは吸収しにくい浸透性の低い水溶性の成分を微弱電流を流してイオン化することにより、皮膚の深部まで浸透させていく治療です。
ビタミンCやプラセンタなどの有効成分をイオン導入で顔に直接導入した場合、ただ化粧水を塗るケアに比べ、肌への浸透を飛躍的に高めることができます。 その浸透力は化粧品やサプリメントで得られる効果の30倍~100倍とも言われており、しみやしわを改善したり、瑞々しい肌を取り戻すことができます。
引用:城本クリニックのHP

つまり、イオン導入とは、微弱な電流を使って、そのままでは浸透しにくいビタミンC誘導体などの「美容成分」を肌の奥へと届ける美容方法を指します。

イオン導入器で肌に電流を流すと、角質層と顆粒層が中性に傾き、反発が弱まります。すると浸透の邪魔をしていた電気の膜の働きが弱まるので、成分を肌の奥まで届けることができるのです。理屈は、少しわかりにくいと思いますが、とにかく「美容成分」が浸透しやすいってことですよね。

詳しく理解したい方のため、もう少し説明しておきますね。

私たちの肌の一番表面、角質層は酸性で、陽イオン(+)が多くなっています。しかしその内側の顆粒層は陰イオン(-)でアルカリ性に保たれ、互いに反発しあい、角質層と顆粒層の間には電気の膜ができています。これをバリアゾーンといい、名前の通りバリアをはりめぐらせ細菌やウイルスや水分などを体内に侵入するのを防いでくれています。手を洗ったりお風呂に入っても水分でぶよぶよにならないのもバリアゾーンのお陰です!

しかし、しかし!!!

逆に言うと、化粧水・ 美容液などの成分も、基本的にはバリアゾーンを通過せず、角質層を潤すだけの効果しかありません。通常はこの電気の膜に阻まれて、美容成分は角質層よりも奥に浸透することができないのです。

だから、イオン導入という方法が、有効なのです。

当サイトでは、イオン導入に関する最新の情報をお届けしていきたいと考えています。

もし、お肌のケアにイオン導入をお考えでしたら、いつでもご相談ください。

Pulitoへのお問い合わせはこちら